自動車や家電の工場

作業工程ごとの必要な人員が膨大なのが特徴

自動車や家電の工場は規模が大きく、作業に従事する人数も非常に多いのが特徴です。これは製品の加工や組み立ての工程が細分化されているため、部署ごとにまとまった人数が必要とされるのが理由になっています。一つの製品が完成するまでいくつもの工程があり、それぞれをライン作業で行うので設備は大掛かりになると共に人員の数も膨大です。繁忙期になればいくら増員しても足りないという状況になることも決して珍しくありません。近年では人件費が安価な海外に生産拠点を置く会社が増えていますが、それでも多くの作業工程は日本で行っていることから工場の規模も大きいままであり、繁忙期には短期の期間工が何人も必要になっているのが現状です。

自動車や家電の工場は期間工として働きやすい職場

自動車や家電の製造工場は期間工として働くのに最適な職場とされていますが、これは一年を通して期間工の求人を行っている所が多いのが理由です。自動車や家電は特定の時期に集中せず、一年を通して一定の需要がある製品です。他の分野と比べると目立った繁忙期は存在しませんが、その一方で常に繁忙期とも言えます。そのため、時期に関係無く期間工の求人広告を見ることができるのです。設備の大きい工場ですが、期間工が従事する仕事は部品を組み立てたり梱包を行うなどの単純作業がほとんどです。扱う部品が大型の物が多いので疲れやすい欠点があるものの、仕事の内容については難しいものではなく、特殊な技能や免許は不要なのが一般的です。時給単価が高く設定されていることが多いので、短期間で稼ぐことができます。