休日などの福利厚生

年間休日日数が何日になっているか

一般的な会社の多くが完全週休二日制を導入していて、仕事は月曜から金曜までで土日は休みになっているケースが多いです。その他祝日や年末年始に休みがあるなど、それぞれの会社で休みを設定しています。休みが多ければその分従業員としては仕事がしやすくなるので、求人を探すのであれば休みの多さはチェックした方が良いかもしれません。工場の運営時間は一般のオフィスと違い休みが無かったり24時間操業のところもあります。それらの工場でも従業員の福利厚生を考慮しているところでは年間の休日日数を多くしてくれています。一般の会社の平均が120日程度とされていてそこまで求めるのは難しいでしょうが、100日から110日ぐらいならそれなりの休日があると言えるでしょう。

住み込みだと休日はどうなるか

工場の求人で見かけるのが住み込み可能なところでしょう。大企業で地方にあるような工場だと多くの従業員が必要ですがその周辺に住んでいる人は少ないです。住むところを提供してくれるので全国から人を集められるようです。住み込みの中には工場内に寮が設置されているところもあり、常に工場で仕事をしている感覚になるかも知れません。休日はどうなっているか気になるでしょうが、もちろん労働基準法に準じた労働時間や休日の設定で仕事ができるようになっています。労働基準法上は1週間に1日休日があればよいとされていますが、福利厚生のいいところだと週休二日制にしているところもあるでしょう。ライフスタイルに合わせて働きやすい休日設定をしている工場を選びましょう。

日総工産の求人は工場系、特に機械工業の期間工が多くを占めます。寮完備やマイカー持ち込み可能な求人が多く、契約更新を受け付けているケースもあるので上手に活用すれば通年雇用並みの収入を得ることも可能です。