工場の求人の種類

工場の求人を探す場合は、業種について注目することが大事です。なぜなら、さまざまな業種の工場が求人を出しているためです。それぞれの特徴をつかむことがポイントです。ここでは工場の求人の種類について説明していますから、参考にしてください。

食品や飲料品の工場

自動車や家電の工場

求人の応募要項

工場の設置場所

工場で働こうとする場合にありがちなのが、通勤手段が限られる、もしくは通勤にとても時間がかかるということです。それは、工場の設置場所に理由がありま…

Read more »

給与や賞与などの報酬

工場で働いた場合、正社員だと給与・賞与の支払いは安定してもらえることが多いです。勤務形態がパートやアルバイトの場合は、賞与はもらえないところもあるの…

Read more »

休日などの福利厚生

一般的な会社の多くが完全週休二日制を導入していて、仕事は月曜から金曜までで土日は休みになっているケースが多いです。その他祝日や年末年始に休みがある…

Read more »

工場の求人の仕事内容と適性

工場の求人は、誰でもできる簡単な軽作業の仕事がほとんどです。指示された通りにコツコツと集中してやることができる人に向いています。

情報機器や電子部品の工場

組み立て作業の適性を厳しめにチェックされる

ハードディスクなどの情報機器や電子部品を作る工場では、どのような形で働くことになるのでしょうか。まず、こういった工場で募集されるのはほぼ組み立て作業員です。特別な資格や技術は不問とされていますが、電動ドライバーを使った組み立て作業を迅速、かつ丁寧に行うことを求められます。求人に応募し、面接に通って採用されると、まず最初に電動ドライバーでねじをはめるタイムを計測されることがありますが、これはどの持ち場が向いているのかというテストと考えていいでしょう。 もし、組み立て作業に向いていないと判断された場合は製品の梱包作業に回されるかもしれません。その場合でも、支払われる時給に変化はないのでがっかりする必要はないです。

クリーンルームの中で働くことになった場合

ほかの工場と大きく違うのはクリーンルームの存在です。精密機器は、製造中にほこりが一つ混入してしまっただけで性能が落ちたり、故障の原因につながるので、空気中にまったくちりやほこりが浮遊していない場所で組み立てが行われます。クリーンルームの中で働くからといって、なにか特別なことを求められることはないですが、出入りするたびにエアシャワーと呼ばれるもので作業服などについたほこりを吹き飛ばさないといけないので面倒といえるでしょう。 また、特定の外国に輸出が禁止されているような機械を扱う場合、工場に出入りする際のチェックが厳しくなります。働くにあたって身元を厳重に調べられるようなことはないですが、工場内での行動には気を遣わなければなりません。